マンション

Recent Information

一人暮らしで気をつけたいこと

豚の貯金箱

私は今年の4月から大阪の八尾市で一人暮らしをするようになりました。

理由は仕事のためですが、始めるとなるととてもお金のかかるものだと気づきました。


まず何より家具を揃えるのに膨大な出費がいります。

フライパンや鍋、電子レンジや冷蔵庫など、ありとあらゆるものを新しく揃える必要がありました。

また地味にカーテンも必要です。
外から差し込む夜の街頭は明るすぎて、外からの騒音もカーテンのあるなしで大きく違うからです。

自炊をする場合には調味料も揃える必要があるため、初月は食費もかなりの出費をすることになりました。


ですから一人暮らしをする際は、多少は値が張ってもいいので家具付きの物件を選ぶことをおすすめします。

学生さんなどの場合は暮らしても4~5年でしょうから、その期間だけレンタルの物品を借りることができると思えば購入するより安いものです。

さらにカーテンや冷蔵庫などの家具も、その部屋専用に、または一人暮らし用にあつらえたサイズのものとなります。
当然、次に引っ越した場合も使えるとは限らないわけです。


引越し費用もばかになりませんから荷物が少ないにこしたことはありません!

例えば引っ越し業者に頼む場合は最低でも1万円くらいは掛かりそうです。
ところが荷物を減らしてヤマト運輸に頼むと、洗濯機や冷蔵庫などがなければどんなに詰め込んでいても5千円は超えないでしょう。


以上のことから、引っ越しの秘訣は自分の持ち物を減らすことです。

アメリカの賃貸はたいていが家具付きだそうですね、気楽に使えていいものです。
ぜひ、日本も見習ってアメリカのようにものを減らした生活を続けていきたいものです!

TOP